筋トレを成功させ健康な体を手に入れるためのブログ

筋トレ・栄養管理・美容・モチベーション管理

リストストラップとリストラップは全然違う!それぞれの用途・使い方

確実にねらった筋肉に効かせるためにあるいは筋トレ中のケガを防止するために必要なアイテムである「リストストラップ」と「リストラップ」
似ている名前なので混同されやすいですが、用途も使い方も全く違います。

今回はこの二つの違い、そして使い方について解説していきます。

リストラップとリストストラップの違い

リストラップとリストストラップ。

名前は似ていますが用途は全く違います。

それぞれ説明しましょう。

まずリストラップですがこれは手首を保護すルためのサポーター的な役割のアイテムです。

主にベンチプレスやダンベルフライなどフリーウェイトを使って胸や肩、腕を鍛える種目を行う際に使います。

手首を保護することで、怪我の防止になるのはもちろんですが、筋トレの負荷が狙った部位以外に逃げるのを防止する役割があります。

例えばベンチプレスだと胸を鍛えたいのに上腕などに負荷がかかってしまい胸が充分に鍛えられないことがあります。

しかしリストラップを使えば腕などに負荷が逃げにくくなります。


一方リストストラップですが、こちらはダンベルなどに巻き付けることで握力をサポートするアイテムです。

主に背中を鍛えるトレーニングで使います。背中の筋肉は大きく強い筋肉なので、高重量を扱うことになります。

しかし高重量を扱うと背中ではなく先に握力の方がなくなってしまいトレーニングを続けることが出来なくなることが多々あります。

これを防ぐためのアイテムがリストストラップなのです。

リストラップの使い方

それではそれぞれの使い方を説明していきましょう。

リストラップの巻き方は、

①親指をわっかななっている部分にいれて、ぐるぐると手首の部分に巻き付けます。

②そして、巻き終わったら親指をわっかの部分から抜いて完成です。

言葉で説明しても分かりづらいと思いますので参考になりそうな動画を張り付けておきます。

【初心者必見】誰でも出来る!筋トレで高重量を扱えるリストラップの巻き方

おすすめのリストラップ

続いてオススメのリストラップをご紹介します。

リストラップを選ぶポイントはしっかりと手首が保護できるかどうか。

長さと固さがポイントです。

あんまり短かったり、柔らかかったりすると巻いても手首を保護できません。

かといって長くて固ければいいのかというとそうではないので、まあ有名どころの品を使って置けば間違いないと思います。

ちなみに僕はデザイン性も優れているRHYNOを使っています。

一番使っているひとが多いのはこちらです。

やっぱり有名どころはゴールドジムの製品ですね。

GOLD'S GYM(ゴールドジム) ループ付きリストラップ G3511

GOLD'S GYM(ゴールドジム) ループ付きリストラップ G3511

リストストラップの使い方

続いてリストストラップの使い方です。

リストストラップは更に言葉では説明しづらいので必ず動画でご確認ください。


リストストラップの巻き方とウェイトトレーニングで使うメリット&何kg持てるか挑戦!

おすすめのリストストラップ

リストストラップには巻くのを簡略化したパワーグリップと呼ばれる製品もあるのですがここでは、本来のリストラップのみをご紹介します。

やっぱり有名どころは押さえておきたい

ゴールドジム(GOLD'S GYM) リストストラップ G3500

ゴールドジム(GOLD'S GYM) リストストラップ G3500

シークの製品も評価が高いです。

Schiek(シーク) レザーリフティングストラップ 05-00800

Schiek(シーク) レザーリフティングストラップ 05-00800

後はやっぱりデザインが段違いなRHYNOですね。


筋トレをサポートしてくれるリストラップとリストストラップ

勘違いされやすい、リストラップとリストストラップの違いをご紹介しました。

両方とも効果的な筋トレをするために不可欠なアイテムです。

ジムやスポーツショップ、Amazonなどのオンラインショップで購入が可能です。

ただし一般的なスポーツショップだとあまり品揃えがよくないことがありますので、ジムかAmazonなどのオンラインショップで購入するのが一番確実だと思います。

どちらともそこまで高価なものではないので絶対に買っておいた方がいいと思いますよ!

理想の体を手にいれるために張り切ってトレーニングをしましょう。

それでは。