モテる男の教科書

筋トレ・栄養管理・美容・モチベーション管理

筋トレにケガはつきもの?ケガをしないために、早く治すために気を付けるポイント

f:id:morimo775:20181228172326j:plain
筋トレをしていると腰やひざ、肩に手首など様々な関節を痛めてしまうことがあります。

ケガをすると治るまでの期間トレーニングができないのはもちろんですが、一度痛めてしまうとクセになってしまうこともあります。
特に腰のケガなんていうのは一生ものになってしまうこともありますので、気をつけましょう。

今回のブログではケガをしないために気を付けたいポイントをまとめます。

準備運動をしっかりしよう

まずは基本中の基本ですが準備運動をしっかりすることが非常に重要です。
しっかりした準備運動というのは軽いランニングなどの有酸素運動とストレッチです。

結構筋トレをされている方は軽くストレッチをしてすぐに筋トレを始める人も多いです。
しかしきちんと体を温めてあたためないと身体を傷める原因になってしまいます。

サポーターなどで保護しながらやろう

2つ目のポイントは、サポーターなどの保護してくれるアイテムを使用することです。
筋トレ初心者は自分にはまだ早いと思いがちですが、筋トレ初心者の方が慣れていない分ケガのリスクが高いので必ず使用しましょう。

そんなに高い物でもないので絶対に買いましょう。
全部揃えても1万円以内で収まると思います。

リストラップ

リストラップはその名の通り手首を保護してくれるアイテムです。
手首に巻いて使います。

手首を痛めると上半身の種目はもちろんおもりをもったスクワットなどもできなくなってしまいますので、注意が必要です。
僕はデザインがおしゃれで性能もいいのでRHYNOのものを使っています。

パワーベルト

パワーベルトは腰を保護するアイテムです。
主にスクワットやデッドリフトなどをするときに使います。

これがあるのとないのでは、腰へのダメージはもちろん扱うことのできる重量も違います。
ちなみにパワーベルトは本当に重要なサポートグッズですので多くの場合ジムに置いてあると思います。

なので特にこだわりがない方は購入しなくてもジムにあるものを使えばいいと思います。

GOLD'S GYM(ゴールドジム) ブラックレザーベルト Lサイズ

GOLD'S GYM(ゴールドジム) ブラックレザーベルト Lサイズ

パワーグリップ

こちらは保護という観点からは少しずれるかもしれませんが、パワーグリップも非常に便利でオススメです。
こちらはデッドリフトなどの背中系のトレーニングをする際に握力のサポートや手の皮を保護していくれるアイテムです。
ダンベルなどのフリーウェイト系のトレーニング、特にデッドリフトは手の皮にダメージがきやすいです。

しかしパワーグリップを使えば中々効かせずらい背中に効果的に効かせることができますので是非使ってみてください。

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

すこしでも違和感を覚えたやめよう

続いて3つ目のポイントは少しでも違和感を覚えたらすぐにやめることです。
違和感の正体はケガではないかもしれません。

しかしながらケガをしてからでは遅いんです

ただちに筋トレをやめて休みましょう。
君子危うきにに近寄らずとはこのことです。

治るまで絶対に安静にしよう

そして最後、4つ目のポイントです。
どれだけ予防していてもケガをしてしまうときはしてしまいます。

アンラッキーなことですが、仕方ありません。
完全に治るまでは無理をせずにしっかりと休息をとりましょう。

筋肉にはマッスルメモリーというのがあって少しの間トレーニングを休んで、筋肉が減っても一度つけた筋肉はすぐに戻ります。

ここは、急がば回れの心構えでしっかりと治るのをまちましょう。

治りかけでトレーニングをしてしまうとまた同じところを傷めたり癖になってしまいますよ!

ケガ対策をしっかりして効率の良いトレーニングをしよう

いかがでしたでしょうか?
効率の良いトレーニングをするためには丈夫で健康な体が不可欠です。

ケガをしてトレーニングができなくならないようにしっかりと準備と予防をしていきましょう。