筋トレを成功させ健康な体を手に入れるためのブログ

筋トレ・栄養管理・美容・モチベーション管理

筋トレと有酸素運動の関係性~筋肉をつけるために有酸素運動は必要ない

f:id:morimo775:20181102201423j:plain
筋トレをしているときに有酸素運動をした方がいいのか?しない方がいいのか?

筋トレをしている方の多くが向き合うことになる問題ですよね。

今日はそんな疑問について答えていきたいと思います。

無酸素運動と有酸素運動の違い

まずは無酸素運動(筋トレなど)と有酸素運動の違いについて説明します。

無酸素運動は筋トレや短距離走など瞬発的に大きなエネルギーを発生する運動のことを言います。
高い強度の運動を短い時間でする運動のことですね。

一方で有酸素運動はランニングやウォーキングなどの運動のことを指します。
長い時間をかけてじっくりと身体を動かす運動をイメージしてください。

これらの違いは使用するエネルギー源です。

無酸素運動は糖質から生成される筋グリコーゲンを主なエネルギー源とします。

それに対し有酸素運動は脂肪酸をエネルギー源として使用します。


またエネルギー源が違うために目的も違います。

無酸素運動は筋肉を肥大化させ筋肉量を増やす目的の運動で、有酸素運動は脂肪酸をエネルギーとする作用から体脂肪を分解する目的で行う運動です。


このように二つの運動の違いを説明しましたが1つ注意したいのはこれら二つの運動は境界線が曖昧だということです。

例えば筋トレでも負荷が軽い筋トレだと有酸素的になり脂肪酸をエネルギーとする場合もありますし、ランニングでもマラソンなどのハードなランニングだと無酸素的になることもあります。

筋トレと有酸素の関係性同時にするとどうなる?

f:id:morimo775:20181102201456p:plain
それでは筋トレなどの無酸素運動とランニングなどの有酸素運動を同時に行うとどうなるのでしょうか?

結論から言うと筋トレと有酸素運動は一緒にしない方がいいです。

たまーに

「筋トレの前に有酸素運動をすると筋肉がつきやすく、筋トレの後に有酸素運動をすると体脂肪が燃焼しやすい」

というを言説を見かけるのですがこれは間違いです。

まず筋トレの前に有酸素をすることで筋肉がつきやすくなるということはありません。

むしろ体内のエネルギー源を先に使ってしまうので、エネルギー不足で、筋肉がつきにくくなる可能性もあります。

他にも有酸素運動での疲労から筋トレの際に十分な負荷をかけられず追い込めないということもあります。

筋トレ後の有酸素運動で体脂肪が燃焼するという言説に関しては本当です。

筋トレ後は脂肪の燃焼を促進するホルモンが出ていますので脂肪の燃焼はしやすくなります。

しかし有酸素運動は体脂肪だけでなく筋分解も促進されていますので、体脂肪だけでなく筋肉も減ってしまう恐れがあります。

というか減ります。


筋トレの目的は筋肉を大きくすること、有酸素運動の目的は体脂肪を減らすことです。


そもそも筋トレで筋肉を大きくするには消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多くなる必要があります。

一方体脂肪を減らすためには摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多くなる必要があります。

つまりそもそもの前提が真逆なので同時にやるのはよくないということになります。


なので当ブログでは少しづつ筋量を増やしながら相対的に体脂肪の量を減らしていくことをオススメしています。
www.zenbu-fiction.com

結論!筋肉をつける目的なら有酸素はしない方がいい

ということで結論です。

筋トレの目的と有酸素の目的は両立は難しいのでやるとしたらどちらかに絞ってしたほうがいいです。

筋肉を1キロ増やすのと体脂肪を1キロ減らすのでは、圧倒的に筋肉を増やすほうが難しいので、筋肉を増やすことを先にするのが個人的にはオススメですよ。


みなさんも目的をきちんと意識してトレーニングをおこなってみてくださいね。