筋トレを成功させ健康な体を手に入れるためのブログ

筋トレ・栄養管理・美容・モチベーション管理

ジムに行けない時は自宅トレーニング!可変式ダンベルで効率的に行おう

f:id:morimo775:20181006082737j:plain

筋トレをしていて今日は雨だしジムに行きたくないなぁって思うときありますよね?


また今日はめちゃくちゃ筋トレしたいのにお気に入りのジムが休みで空いていない!



なんてこともありますよね。


そんな時は自宅でトレーニングがオススメです。


今回は効率的に自宅トレーニングを行う方法についてご紹介します。



自宅での筋トレは自重ではダメ?

自宅での筋トレというと真っ先にイメージするのは、腕立て伏せや重りなしの腹筋、スクワットといった所でしょうか?


こういった自重でのトレーニングでもやり方を工夫すれば筋肉を追い込みオールアウトすることは可能です。


しかし、負荷やレップ数の調整が非常に難しくあまりオススメできません。


特に筋トレ初心者にはオススメできませんね。



初心者は自重トレーニングからと思われがちですが実は逆なんですよね。



そのため自宅トレでもダンベルなどの器具を使っての筋トレをオススメします。

ダンベルをオススメする理由

ダンベルをオススメする理由は、


・負荷を自在にコントロールできる

・他の器具に比べてスペースをとらない

・ジムのトレーニングを再現できる


この3つです。

ダンベルが家にあれば、自宅トレでもジムと同じように追い込めるので効率的です。


またスペースもそんなにとらないというのがメリットです。


ダンベルくらいのサイズ感なら一人暮らしのお部屋でも充分置くことが出来ます。

ダンベルを買うなら可変式がオススメ


そんなダンベルですが大きく分けて2種類あります。


重量固定式と可変式です。


その名前の通り、重さが固定されているものとプレート等で重さを自在に変えられるものです。



それぞれにメリットはあるのですが、自宅でのトレーニング用としては、可変式がオススメです。


理由としては、可変式の方がスペースをとらないことと、値段が安いことです。


ダンベル一個あたりの値段は固定式の方が安いのですが、固定式で色々な重量を揃えないといけません。


そのため合計すると可変式のほうが値段が安くなります。


もちろん固定式にも耐久性が高いことや、プレートの付け替えの手間がないことなどメリットはあります。


しかしそもそもダンベルは基本的に壊れないように作られていますし(簡単に壊れていたらかなり危険ですよね)、可変式ダンベルでも一瞬で重量を変えられるモデルの物もあります。


そのため自宅トレでは圧倒的に可変式のダンベルがオススメです

重量は60キロ以上のセットにしよう

f:id:morimo775:20181006082937j:plain

ダンベルの重さですが、どのメーカーも様々なレンジの重さを取り扱いしています。

タイトルにもつけていますが個人的にはダンベルの重さは最低でも2本で60キロ以上の物を購入することをオススメします。


初心者の方は60キロなんて持てないよと思われるかもしれません。


ですが、ダンベルは何も腕のトレーニングだけでなく背中や足のトレーニングも行えます。


スクワット等、初心者の方でも最初から60キロ以上の重量を扱うことのできる種目もあります。


今後扱うことのできる重量が増えていくことも想定して60キロ以上の重さを扱えるものを買っておくことをお勧めします。


大は小をかねるって言いますしね。


オススメの可変式ダンベル


オススメの可変式ダンベルはアジャスタブルと言われるタイプのダンベルです。

先ほど、固定式のダンベルはプレートの付け替えの手間がかからないということを言いました。


これは裏を返せば、可変式ダンベルはプレートの付け替えが面倒ということです。


しかし、アジャスタブルのダンベルであれば、そんな心配はご無用です。



こちらのMotionsというメーカーのダンベルならたった2秒でダンベルの重量を切り替えることができます。

本当に笑っちゃうぐらい一瞬でつけ変わりますよ!

しかもトレーニング用のグローブがついているというお得感。


筋トレ中は正直無駄なことに神経を使いたくないと思います。


アジャスタブルダンベルなら、筋トレに集中することが出来ますね。

他にも有名どころで信頼のできるアジャスタブルダンベルはこの辺りでしょうか。

Bowflex(ボウフレックス) アジャスタブルダンベル552 24kg 1個販売 【正規品】

Bowflex(ボウフレックス) アジャスタブルダンベル552 24kg 1個販売 【正規品】

ダンベルを使ったトレーニング色々

ダンベルを使った初心者でも簡単にできるトレーニングメニューですがこちらの動画が分かりやすくまとまっていますのでご参考にしてみてください。


脚・腕・肩・背中・胸と全身を鍛えることのできるメニューが紹介されていますよ!

www.youtube.com

可変式ダンベルで自宅トレーニングを効率的に行おう!


いかがでしたでしょうか?


自宅にダンベルがあれば、雨でジムに行きたくないときジムが閉まっているとき等々トレーニングのチャンスを逃すことなく効率的にトレーニングをすることが出来ます。


自宅でのトレーニングにダンベルを取り入れてみなさんカッコイイ体を作っちゃいましょう!