筋トレを成功させ健康な体を手に入れるためのブログ

筋トレ・栄養管理・美容・モチベーション管理

モチベーションを保ち頑張るために必要なった3つのこと

早いもので新年度が始まり一か月が過ぎようとしている。


この時期になると段々と仕事もプライベートも友人関係も、いろんなことが面倒になってくる。


そうなると段々と新年度当初はすごくワクワクしながら始めた新しい趣味や習い事なども、モチベーションが続かなくなる。


そんな時もなんとか踏みとどまって頑張りたいものだ。


今日は、そんな時にモチベーションを保ち頑張る3つの方法を紹介したいと思う。




朝にやってしまう


朝の内にやってしまうことのメリットはデカイ。

朝にやるべき目標をしてしまうと、その日一日の解放感たるや半端がない。


また仕事終わりとか休みの日の夕方にやろうとか思っていると、


「今日は仕事頑張ったしもういいかな・・・」
「仕事仲間にのみに誘われたし・・・」


とかいう感じになってしまう。


人間の意志力は消耗品なのである。

朝の時点ではついていた決心も夜になると意志力が消耗してブレてしまう。


朝の意志力が消耗していないうちにやるべきことは終えてしまおう。




変えるのがメンドクサイを利用する


人は変化を嫌う生き物である。


余談だがこれは大昔の石器時代とかの時代に、


我々は常に危険となり合わせで生きるか死ぬかの毎日をすごしていたことが理由である。



そんな変化を嫌う我々の性質を利用することでモチベーションは保つことが出来る。


この性質を利用したものは結構ある。例えば、携帯と一緒に登録させられる謎のアプリとかがその例だ。


あれも一度契約してしまうと変更するのが面倒でついつい継続して利用してしまう。


なんとなくタバコをすったり、なんとなくコーヒーを飲んだりとかそういうのと一緒だ。


つまり言い換えると習慣にしてしまうということ。


そうすれば逆に辞めるのが面倒になり続けられるようになる。

楽しむ

「結局それかよ!」 

という声が聞こえてきそうだ。


だがそんな蔑みの視線を感じながらもはっきりと言いたい。


「結局それなのである」



根も葉もないことだがそうなのだ。



逆に楽しめないのなら無理にモチベーションを保たず辞めてしまえばいい。





僕らは努力した所でアインシュタインのような天才にも、イチローのようなアスリートにほとんどの人がなれない。



だからこそ自分が楽しいと思えることをやろう。


各々何かしら楽しいと思えることがあるはずである。


無理してモチベーションの上がらないことをやり続けてもいずれアインシュタインにもイチローにもなれない自分に嫌気がさして継続できない。


であるならば、楽しいと思えることをやるのがいい。


それこそがモチベーションを保つながら頑張るのに最良の方法である。


人になんと言われようが自分がやりたいことで頑張ろう。