全部フィクションです。

筋トレ・アプリ・モテ・美容

島根県の花火大会2018 8月1日は花火の日

f:id:morimo775:20180801172749j:plain

ヤッホーもりもです。

みなさん平成最後の夏ですよ。

平成最後の夏に花火大会にいかないなんてそんなことあります??
気になるあの子を誘って花火見に行きましょうよ。

気になるあの子がいない方、気になるあの子に振られた方いいじゃないですか。

1人でも、男友達とでも、誰と見ても花火はきれいですよ!

だってみてください。これですよ。

f:id:morimo775:20180801083559j:plain

花火半端ないってぇ。綺麗すぎるやん。後ろ向きで見て音だけでも綺麗ってわかる奴やーん。


ということで今日は山陰地方の花火大会情報をまとめました。

このブログを書いている時点(2018年8月1日)でもまだ間に合います!
これからどんどん花火大会がありますよ!

8月1日は花火の日

今日、8月1日は花火の日です。

なぜ8月1日が花火の日とされているのでしょうか?

その理由は1948年に遡ります。

太平洋戦争後、一時的に日本では花火の製造、使用が禁止されていました。
当時のGHQが花火を危険視していたんです。

まぁ花火は爆薬を使いますので、当然といえば当然です。

そして、1948年の8月1日に解禁され戦後初めての花火が打ち上げられました。

このことから8月1日は花火の日にふさわしいとして制定されました。

他にも、1955年に花火爆発事故がおきたことや、PLの花火大会が8月1日に開かれていることなども理由に挙げられるそうです。

どうして「たまや」「かぎや」というのか

花火を見ているときの掛け声として「たーまや」「かーぎや」というのはあまりにも有名ですよね。
実際に花火を見ながらそんな掛け声をあげている方は今では、ほとんどみませんが・・・。

この掛け声の由来は、江戸時代の有名だった花火屋の屋号から来ているそうです。

江戸時代には玉屋と鍵屋という花火屋が橋の両側から互いに花火を打ち上げていたそうです。
その時により綺麗だと思った花火屋の屋号を叫んだことから、この掛け声が生まれたということです。


さて御託はこれくらいにして山陰地方のおすすめ花火大会をご紹介します!

全ての花火大会を網羅するのではなく、花火の発数が3000以上で、特色のある花火大会以外はご紹介しませんのでよろしくお願いします。

松江水郷祭湖上花火大会

2018年8月4日(土)20:00~21:00打ち上げ
1万発 
来場者数32万人

松江水郷祭は1万発の花火が上がる西日本最大級の花火大会です。

祭りは8月3日から5日までの3日間となっていて、花火の打ち上げは中日の土曜日です。

昼ごろから場所とりが行われていますので、いい位置から見たいかたは早めに言って場所を取っておくことをお勧めします。
場所とりは8月4日の日の出からとなっています。それ以前に場所取りしても撤去されてしまいますのであしからず。

石州浜っ子夏祭り

2018年8月4日(土)20:30~21:15打ち上げ
5000発
来場者数6万人

島根県浜田市でおこなれるお祭りです。
スターダストミュージカルというテーマで全編音楽と連動して音と光のファンタジーを楽しむことが出来ます。

益田水郷祭

2018年8月4日(土)20:00~20:30打ち上げ
3000発
来場者数2万人

こちらの花火大会は、大漁旗に彩られた伝馬船と花火がコラボレーションした花火を見ることができます。

また、花火の終了後には石見神楽の公演も見ることができ、一度で二度も三度も美味しい花火大会です。

出雲神話まつり

2018年8月12日(日)20:00~20:50打ち上げ
8000発
来場者数13万人

ヤマタノオロチ神話で有名な斐伊川に8000発もの花火が打ちあがります。
神話の厳かな雰囲気と花火の明かりが楽しめます。

吉賀町ふるさと夏祭り

2018年8月14日(火)20:00~21:00打ち上げ
3333発
来場者数3000人


日本一近い花火大会というコンセプトのこの大会。

物凄く近い距離で花火を楽しむことができます!

何より注目して欲しいのは、花火の数3333発に対して、来場者の数が3000人という点です。

つまり来場者数よりも花火の方が多いんです!

こんな贅沢な花火大会あります?

お時間がある方は是非いってみて欲しいです。


江の川花火大会

2018年8月16日20:10~20:50打ち上げ
6000発
5万人

先日の西日本豪雨では江の川が氾濫し深刻な被害がありました。

そのため、大変心配ではありますが、夏まつりは水害に対する厄払いの意味もあります。
祭りで華やかに、被災者の心にすこしでも楽しい思いを与えてもらえたらと思います。


花火大会自体は、水中花火や、音楽に合わせた花火、灯篭流しなどのイベントもあり、非常に楽しめるイベントとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
花火に関するうんちく、島根県の花火大会情報などをまとめました。

平成最後の夏。これでもかってくらい楽しんでいきましょう。

それでは!