全部フィクションです。

筋トレ・アプリ・モテ・美容

本当に話せるようになるための語学勉強法 

改訂版キクタンBasic4000 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

今日のブログのテーマは語学学習です。

 

 なぜあえて今、語学学習なのか?

 

今後ますます、日本の人口が減少していき、あらゆる業界において国内のマーケットだけでなく海外のマーケットに参入していく必要が増えていきます。

 

すでに多くの企業が海外進出をしているのは皆さんご存知のことだと思います。

 

そんな時代において語学をできるのは当たり前になるでしょう。

 

まさか、Google翻訳があるから大丈夫だろーとか考えている方いませんよね?

 

もし考えていたら大間違いです。

 

結局人と人の対面でコミュニケーションにおいて翻訳機を使うというのは少し現実的ではないと思います。

 

もちろん、翻訳機での意思疎通も可能だとは思いますが、関係性構築する上で翻訳機は非常に邪魔なものになってしまうと思います。

 

Google翻訳は文章でのコミュニケーションや海外で道を聞く時くらいの活用になるんじゃないですかね。それも十分凄いことですが。 

 

 

本当に語学を話せるようになるためには、インプットだけでなくアウトプットが大切。

 

語学を話せるようになるためにはインプット(学習)とアウトプット(実践)の両方をすることが重要です。

何を当たり前のことをと思われるかもしれませんが、本当に重要なことなのでもう一度いいます。

 

語学学習にはアウトプットが重要なんです。

 

なぜこんな当たり前のことを言うかというと日本の語学学習は圧倒的に、アウトプットが足りていないからです。

 

基本的に日本の中学校高校などでの語学学習は文法にはじまり文法に終わります。

実践はほとんどなく、外国語話者と外国語を話す授業などほんとないといっていいでしょう。

 

英語教師の方ですらそもそも英語話せるの?っていうレベルの方も沢山います。

そんなに人に教わって英語が話せるようになるとは到底思えないのですが・・・。

 

一方でインプットをおろそかにしていいわけでもありません。

 

アウトプットだけでは効率的に話せるようにはならないし、外国に住んでいる訳でなければアウトプットの機会を増やすことが現実的に難しいからです。

 

あくまでインプットとアウトプットその両輪で学習していく必要があると思います。

 

おすすめのインプット方法

おすすめのインプット方法は、単語、発音、リスニングこの3つです。

この3つができるようになれば、英語を話すためのインプットは十分です。

 

単語と発音に関してはキクタンが圧倒的にお勧めです。

改訂版キクタンAdvanced6000 (アルク学参シリーズ)

改訂版キクタンAdvanced6000 (アルク学参シリーズ)

 
改訂版キクタンBasic4000 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

改訂版キクタンBasic4000 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

 

 キクタンは皆さんおなじみなのではないでしょうか。

 

僕も大学受験のときに使っていたのを覚えています。

 その時はまじめに勉強していなかったのであれですが、キクタンは音声がついていますので、音声で発音を勉強しながら単語も勉強することができます。一石二鳥ってやつですね。

 

あと単語学習に関しては書くことが重要です。手を動かして書くことで頭に入ってきます。その時に発音しながらするのが良いと思います。一石二鳥ってやつですね。

 

 

はい次、リスニングに関してですが、TEDがオススメですね。

www.ted.com

 

TEDは字幕や日本語訳をつけたり消したりできます。

 

まずは日本語字幕付きで聞いて、次に英語字幕を付けて聞いてシャドーイング。

最後に字幕なしで聞く。

 

って感じで勉強すれば、爆速でリスニング力が向上すると思います。

 

またTEDは最高峰のプレゼンの技術や知識を学ぶことができますので、これまた一石二鳥です。

 

 

おすすめのアウトプット方法

 おすすめのアウトプット法は外国人と実際に話すこと。

これしかありません。

 

どうやって外国人と話すかは色々あると思います。

インプットのモチベーションをあげるために海外旅行の予定をいれるとかでもいいと思います。

 この記事とは無関係ですが、旅行の際はこちらも役立つと思います。

www.zenbu-fiction.com

 

あと最近は日本に観光でこられる外国人の方たちも多いですのでそういう人が集まるお店にいってみてナンパをしてみてもいいかもしれませんね。

 

最近はスカイプ英会話っていうサービスもあります。

1回数百円から海外の人と話せますので一度試してみてもいいと思います。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

最近副業や複業が話題ですが、自信のファンダメンタルバリューを高めて人材としての質を上げていくというのも今後の時代を生き抜くうえで重要です。

 

語学はこれからの時代の標準スキルとして非常に重要になっていくと思われます。

 

それまでに紹介したインプットとアウトプットの両輪の戦略で語学スキルを獲得していきましょう。

 

それでは。