全部フィクションです。

筋トレ・アプリ・モテ・美容

筋トレ前のおすすめの食事 炭水化物が一番大事

激ウマ!バナナ15本

筋トレを始めるとだんだんと食事にも気を使うようになってきます。

ボディビルディングをされている方などは、一日に10回とか食事をされるといいます。

これには理由があって効率的に筋力をアップさせるためには、最も良いとされる摂取のタイミングがあるんです。

ボディビルダーの方たちほどストイックに管理することは難しくても、ある程度効率よくトレーニングを進めたいですよね。


そこで今回は、筋トレをする前に何を食べればいいのか?
筋トレ前にオススメの食べ物とは?

などについて書いていきます。


他にも筋トレに関する記事を書いてます。よかったら。]
www.zenbu-fiction.com
www.zenbu-fiction.com

筋トレ前の食事が重要な理由

筋トレを含めた様々な運動をする際にはグリコーゲンというエネルギー源が必ず必要になります。

グリコーゲンは炭水化物を食べた際に作られるエネルギー源で、筋肉や肝臓に一時的に保存されます。

このグリコーゲンが筋肉を動かすときに最も効率のよいエネルギーとして使われます。

これが十分にないと、エネルギー不足となり筋トレのパフォーマンスが下がってしまい普段あげれる重量や回数があげれなくなったりします。

最悪の場合、集中力が低下してケガにつながるケースもあります


また、筋トレ前の食事は筋分解を防ぐという面でも、重要です。

体内のグリコーゲンがなくなると筋たんぱく質を分解してアミノ酸をつくりエネルギーとして使用してしまいます。

そうなるとせっかく筋トレをして筋合成を促しても、筋分解でマイナスになってしまっている分筋肉がつきにくくなってしまいます。

それを防ぐために筋トレ前に体に炭水化物を摂取してグリコーゲンを体内に蓄積することが大切なんです。

同時に、炭水化物よりは優先度が下がりますが、血中のアミノ酸濃度を高めるためにたんぱく質の接種も効果的になります。


筋トレをするどのくらい前に食べればいい?

筋トレをするどのくらい前に接種すればいいのかというと、ちゃんと消化できるくらい前という答えになります。

食べるものによっても消化のスピードが異なるので一概には言えないのですが、2時間前ぐらいに食べるのがいいと言われています。

消化の良い食べ物であれば、30分前くららいに食べても大丈夫です。



おすすめの食事


筋トレ前にオススメの食事はいろいろありますが共通しているのは脂質と食物繊維がすくないことです。

なぜかというと、脂質と食物繊維はそれ自体が消化に時間がかかるのですが、一緒にとる他の栄養素の消化も遅くしてしまうからです。


それでは、実際にどんな食品が適しているのかみていきましょう。

2時間前

2時間前にオススメの食べ物は、

おにぎり(玄米だとなお良い)、全粒粉のパン、鶏むね肉、さつまいも、卵等です。

30分前

30分前にオススメなのは、
バナナ、ホエイプロテイン、蜂蜜、ギリシャヨーグルト、りんご等です。


まとめ

筋トレ前の食事について書きました。

効率の良いトレーニングを行ってカッコいい筋肉をつけるためにも、筋トレ前にしっかりと良質な炭水化物とたんぱく質をとりましょうね!