全部フィクションです。

筋トレ・アプリ・モテ・美容

本と格闘するGW 14冊目~僕ら地域おこし協力隊 書評

f:id:morimo775:20180425153532j:plain
14冊目です。

14冊目は「僕ら地域おこし協力隊」です。
30冊は無理でもいけるところまで行きたいと思います。

ざっくりこんなことが書いてある

僕ら地域おこし協力隊: 未来と社会に夢をもつ


この本では地域おこし協力隊の実際に事例をひたすら紹介しています。

全体的に前向きな事例のみを紹介している印象です。

僕はこう思った

個人的に今、地域おこし協力隊に興味があったのんで読んでみました。

一口に地域おこしといっても、当然ながら地域によって抱えている課題は様々です。

また、地域おこし協力隊としていく人の考え方やり方、興味関心も様々です。


しかしながら全体として言えるのは、地域おこし協力隊の活動が”地域をおこしている”ということです。

様々な政策による地方創生の試みよりも、地域おこし協力隊の試みはたしかに地域のためになっているものが多いように思います。


今後、分散化が進んでいく中で、地方のコミュニティの重要性が高まっていきます。

そんな中で地域との新しい関係性をつくる地域おこし協力隊の重要性も高まっていく気がしました。


おわり