全部フィクションです。

筋トレ・アプリ・モテ・美容

本と格闘するGW ~13冊目 物欲なき世界

f:id:morimo775:20180425153532j:plain
13冊目です。

13冊目は、物欲なき世界です。



ざっくりこんなことが書いてある

物欲なき世界

この本に書いてあることをざっくりと要約すると・・・


若者を中心に物欲がなくなってきている。
その傾向は中国やアメリカなどグローバリゼーションを背景に世界的に広がってきている。


これはモノとの関係の変化を示している。
単なる物質的な消費から、感情や体験などにかかわる消費、そもそもモノを持たずにシェアするなどシフトしてきているということだ。


そんな状況で幸福=お金=消費という資本主義に限界が近づいてきているのではないか。


ぼくらは、そんな過渡期の時代を生きているのである。


・・・とこのようなことが書いてありました。


僕はこう思った


おおむね、書いてあることは最近議論が盛んな分野であると思うので賛成できました。

本の中でも言われていましたが、とはいえ資本主義が簡単に終わるとも思えません。


本の中では、つつましい消費の時代がくるのではとも言われていましたが、それも一部の人たちの間での現象でおわる気がします。


そんななか僕が思うのはやはり「テクノロジー」が変えてくれるのではないでしょうか?

テクノロジー信者の僕からすると、資本主義に変わるあたらしいイデオロギーを作るのは現状ではテクノロジー以外想像ができません。


ともあれ、新しいイデオロギーの誕生はワクワクしますし、楽しみです。

期待を持って、そしてその時に僕もなんらかの形で貢献できればもっといいですね。


おわり