全部フィクションです。

筋トレ・アプリ・モテ・美容

本と格闘するGW 12冊目~企業1年目のの教科書 書評

f:id:morimo775:20180425153532j:plain
12冊目です。

12冊目は「企業1年目の教科書」です。

ざっくりこんなことが書いてある

起業1年目の教科書

この本にかいてあることは、


・ポジショントーク

・許す


この二つだけです。

あくまで僕個人の見解ですがこの本がなぜそれなりに流行ったのか理解ができません。

この本にかいてあることは怠惰な勤め人脳の人間(僕みたいな)を許すこと。

あとは、著書のコンサルティングの視点から都合のいいお客をつくることそれだけな気がします。

(あくまで個人の見解です)


ここで、ひとつひとつ項目をあげて批判することもできますが、それはしません。


僕はこう思った

ま、正直ここちよかったです。

読んでいて。


易しい文体で、ダメ人間のことを全部OKとゆるしてくれるんですから。


でもこの本に書かれているように実行してしまうと失敗してコンサルティングにたよることになってしまいます。

ま、僕自信が企業してるわけではないので、これもポジショントークに過ぎないんですけどね。

サクッと読める本なのできになったかたは読んでみては?