全部フィクションです。

筋トレ・アプリ・モテ・美容

本と格闘するGW 7冊目~ZEROtoONE

f:id:morimo775:20180425153532j:plain


今日は7冊目です。

7冊目となるのは、あのペイパル創業者にしてペイパルマフィアのドンと呼ばれるピーターティールさんの「ZEROtoONE」です。

ざっくりこんなことが書いてある

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか


この本は世界に新しい何かを創造する企業をどのように立ち上げればよいのかについて書かれています。


その方法について、ティールは7つの質問に答えを出すことだと言っています。

その7つとは、
1エンジニアリング
2タイミング
3独占
4人材
5販売
6永続性
7隠れた真実

これらの答えを持っている会社が新しい何かを創造できる会社だということです。



僕はこう思う


この7つの質問のなかで僕が特に目からウロコだったのは、


競争ではなく独占するべきだということです。


これは一見、資本主義の原理原則から矛盾しているように感じます。


しかし、たしかに競争を続けていると価格競争に陥り収益は悪化し企業は疲弊してしまいます。


かといって協調路線をとるのは談合です。


であるならば、絶対にまねできない、コモディティ化しないプロダクトやサービスを作り独占するべきということになります。

これは、何も起業に限ったことではないと思います。


例えば、恋愛でも男ばっかりいるクラブで戦うよりも、圧倒的に男が少ない場所で戦うほうが勝率も高くなります。


自分が持つ独自性はどこか?


僕もブログ市場で0to1していくために7つの質問の答えを用意していかないといけません。


今の所、ブログ×○○×○○という形で独自路線を構築できればと思っていますが未定です。


まぁブログは趣味の延長みたいなところがありますのが・・・。


ってな感じで引き続き本と格闘するGWよろしくです!