全部フィクションです。

筋トレ・アプリ・モテ・美容

セクシャルハラスメント問題について独り言

今、セクハラ問題がニュースで話題だ。


ネット上でも色んなひとがセクハラについて持論を展開している。


さらにホリエモンさんがジャーナリストの側の取材姿勢によるジャーナリズムハラスメントについて指摘するなど、多方面に広がりを見せている。


僕もこの機会にセクハラに関して考え方を整理したいと思いブログを書く。


今話題のセクハラ関連ニュースの整理

まずは、今回のセクハラニュースラッシュの発端になったニュースを振り返りたい。
www.sankei.com
www.sankei.com



色々端折って言うと財務次官がテレ朝の記者に会食でセクハラ発言を繰り返したというものだ。
どうしても麻生大臣を辞めさせたいらしい。



ここではテレ朝の取材体制についてとか、財務次官の非モテっぷりとかについて議論をするつもりもないし、財務次官擁護するつもりもないことは断っておきたい。


あくまでこの事件をきっかけにセクハラ問題が盛りあっているということだ。


セクハラの定義

セクハラとは好きなことにされて嬉しいことを嫌いな人にされることだ。

と定義した人がいる。

この意見にはなるほどと思った。

恐らく日常であればこれはほとんど正解だと思う。


ハラスメントとは結局個人の気持ちによる所が全てだからだ。


しかし、今のこのセクハラ問題が加熱している状況ではこの認識は甘いだろう。

今の状況では、重箱の隅をつつく様に叩かれる。

部外者が、イケメンでも避けられない状況でやったらそれはセクハラだとか主張する状況である。



今の状況でのセクハラを定義するならば、

セクハラとは業務とは無関係な発言や行動によって、受けてが嫌だと思う可能性が少しでもあることである。

となるのではないか。


いくら貴方がイケメンであろうと社内で人気者であろうと今の状況では、万が一にもセクハラだと言われてしまう可能性があるのだ。

セクハラにならないために僕たちはどうすればいいのか

ここで断っておくと、僕は今の世間に対して間違っているとかおかしいだとか主張する意図は一切ない。

そうすることは責任を伴うからだ。僕はスーパー無責任人間だからだ。

ブログのタイトルからもそれは明らかだと思う。


さて、責任回避をした上で、本題に戻りたい。

前述したが、今世間はセクハラについてかなりセンシティブだ。

どこからが、セクハラになるかという線引きが非常に手前にあり生きにくさすら感じる。


そんな状況に置いては、


君子危うきに近寄らず。


これが一番なの大切なのではないか。

恐らく暫くすれば、世の中を落ち着くと思う。


それまでは、社内や利害関係のある女性との接触はなるべく避けるというのも一つの手段だと思う。


世間話も天気の話題ぐらいに留めておいたほうが良いだろう。


もちろん、相手の嫌がることはだめだ。

僕も自分の生活の中で嫌がられることをしていないか見つめ直そうと思う。

そこはきちんと見極めてほしい。

女性議員への発言で炎上

www.sankei.com


この長尾代議士の例は分かりやすい。長尾議員はこのセクハラ騒動に乗っかり、さらにミートゥーと言う流行りものに乗っかている、野次馬的な女性議員達に、物申したかったのだろう。


「野次馬的にme tooを使うのは、覚悟を持ってセクハラ被害を告発している女性達に失礼である」と。


女性議員の触るとセクハラ作戦も記憶に新しいし。


もちろんここでも断っておくと、僕はミートゥーは意義深いものだしセクハラは根絶されるべきものだと思っている。あくまで長尾代議士がこう思っていたのだろうなという推測である。擁護するつもりもない。




しかしやはり、


触らぬ神にたたりなし


である。


こういう問題が巻き起こっている際は静観するのが一番いい。(長尾代議士の例は安直すぎるけど)


無理に触ろうとするから失言をするのである。


とか言いながらこんなブログを書いている僕は、


君子では間違いなくないし、触らぬ神にすすんで突っ込んでいく馬鹿なんだろうな。


やっぱり先人の教えは正しい。