全部フィクションです。

筋トレ・アプリ・モテ・美容

Anyca(エニカ) 事故の際の対処方法

話題の便利なカーシェアリングサービスAnyca。


Anycaの登録方法について下記記事で詳しく書いています。

www.zenbu-fiction.com

www.zenbu-fiction.com


Anycaのご登録はこちらです。
https://anyca.net/invite?uid=113955&cpn_id=7&code=kinboshi



Anycaを使えばオーナーとしても副収入が得られますし、利用者としても憧れの車に乗れたりレンタカーよりも安い値段で車を使えたりと、沢山のメリットがあります。



とはいえ個人間の取引なので、万が一の時が怖いという意見もあるかと思います。


そこで今回は万が一の事故の際に冷静に対処できるように、事故の際に取るべき行動を確認しておきましょう。

事故が起きないように


そもそも事故がおきないように安全運転をしましょう。

Anyccaは外車も多いので、普段乗る車と運転の勝手が違うこともあります。


操作の方法をちゃんと確認してから運転を始めましょう。

事故が起きた時の連絡

1.人命救助

事故が起きたらまず、被害の状況を確認して人身事故なら救命行動をとりましょう。

人命最優先です。当たり前ですよね。

2.警察に連絡

次に、警察に電話しましょう。

※単独事故でも警察に連絡しないとAnycaで入っている保険が適応されません。

3.エニカオーナー、保険会社に連絡

その後、エニカオーナー、保険会社(東京海上日動 0120-365-543)へ事故の状況を連絡しましょう。


ちなみにエニカの保険は車両保険に関しては15万円までは自己負担となりますので、基本的に事故をした利用者が支払うことになります。
(車の整備不備とかの場合にはオーナーにも責任が問われます)



また車両保険の限度額が300万円までとなっています。

高級車も多く登録されている「Anyca」では限度額を超えて費用が発生する可能性もあります。ご注意ください。


4.最後にDeNAに連絡

最後にDeNAの事務局に連絡しましょう。場合によっては利用者とオーナーの間で仲裁もしてもらえます。

まとめ

基本的には事故を起こさないように安全運転が一番大切です。

Anycaでのカーライフを楽しみましょう!