全部フィクションです。

筋トレ・アプリ・モテ・美容

筋トレするなら確実にオールアウトするまでやろう

筋トレをするなら確実にオールアウトするまでやろう

f:id:morimo775:20180405212448j:plain

筋トレにを始めようという皆さんこんばんは。もりもです。


僕も筋トレを始めてまだ三か月ですが、
少しづつ、良いトレーニングができた時と出来ていない時の違いが見えてきました。

それは、オールアウトができているかどうか。

これに尽きます。

今日はそんな良いトレーニングをするのに不可欠なオールアウトについて書きます。


オールアウトとは?

まずそもそもオールアウトとはなんぞやという所からです。

オールアウトとは一言で言うと、

「筋トレを繰り返す中でもう挙げられなくなるまであげること」

です。


例えば、ベンチプレスなら、下げたバーを自力では挙げることができなくなるまで筋トレをすることです。

オールアウトすると何がいいの?

オールアウトをすると何がいいのかというと、
オールアウトするまで筋トレをするとそうでない場合と比べて著しく多い成長ホルモンがでることです。


成長ホルモンは筋肉を合成するのに使われますので、成長ホルモンが大量にでるオールアウトは筋トレには必須といえます。


つまりオールアウトすることで筋肥大をさせることができるのです!!

f:id:morimo775:20180405212450j:plain

オールアウトするにはどうしたらいい?

続いてオールアウトするにはどうしたらよいかという所ですが、意外と簡単なのでご安心ください。


まず自分の10RMの重量を知ることが必要です。


10RM とは一つの筋トレの種目を連続して10回あげることができる限界の数です。


だいたい1RM(1回挙げるのが限界の重量 )の70~80%くらいの重量です。


10RMの重量で筋トレをすると徐々に続けるのがしんどくなっていきます。
最後の3回くらいは筋トレのスピードがゆっくりになってくるイメージです。



これが、10回スピードが落ちずにできるなら重量が足りていないということになります。
ただし、重すぎるとケガにもつながりますので、あくまで適切な重量であることが大切です。



この、10RMの適切重量で3セット行えば、大体オールアウトすることができます。

ちなみに、1セットだとオールアウトはできません。


これは、筋肉が一度にすべて使われている訳ではないからです。

筋肉に、Aチーム・Bチーム・Cチームあるのをイメージしてもらえればいいと思います。


最初のセットではAチームの筋肉がトレーニングされて、2セット目ではBチーム、3セット目はCチーム・・・と
いうイメージで筋トレされていきます。


すべての筋肉が使われて初めてオールアウトとなるのです。


オールアウトしたあと


オールアウトした後は、必ず糖質とたんぱく質を取りましょう。

なんでもいいですが、やっぱりプロテイン飲料が一番手軽で便利です。

糖質も必要なのは、エネルギー不足による筋肉の分解を抑えるためなので出来る限りとるようにしてください。


オールアウトした翌日は筋肉痛もあると思います。筋肉痛がきたらちゃんとオールアウトができているんだなと安心できます。


ちょっとMみたいで気持ち悪いですが、逆に筋肉という別人格をいじめているという意味でSだとも言えますのでOKです。

(何をゆっているかわからなくなってしまいました)



最後に僕のマイプロテインの招待コードを張っておきますのでよかったら使ってやってください。

コード入力したら割引となります。筋トレ界隈での定番のプロテインですので。

筋トレ直前中にBCAA。 普段使いのインパクトホエイです。

招待コード:7DH0‐R1 
https://www.myprotein.jp/referrals.list?applyCode=7DH0-R1&li